無線のWebカメラが存在しないので、モニター上にスマホを取り付けた。

以前の記事にも書いたとおり、Webカメラを使ってキャラクターの顔を動かすという、VTuberじみたことをたまにやっています。

ただ、WebカメラといってもスマホをWebカメラ代わりにしているだけであり、カメラそのものではありません。

固定させることができないので、上の写真のように箱に入れて立てかけるしかありませんでした。

これじゃ、モニターを見る妨げになってしまいます。

有線のWebカメラしかなくて困ってる。

本来のWebカメラといえば、モニターの上に取り付けるもの。

これなら、視界の妨げにはならないうえに、手元の邪魔にもなりません。

しかし、いざWebカメラを探してみても、どれもこれも有線のものばかり。

すでにPC周りには配線がうじゃうじゃしているので、これ以上増やしたくなかったのに。

今の技術であれば、無線でも遅延のほとんどないカメラが作れるはずなのに、一切見当たりませんでした。

何でもできるスマホがあるから、ただ単にカメラの機能しか持たない機械なんて、作る暇はないということでしょうか?

スマホをモニターの上に取り付ける。

無線のWebカメラを探すことはあきらめて、Webカメラ代わりとして使えるスマホをなんとかして、妨げにならないモニター上に取り付ける方法がないか探すことに。

クルマの運転席に取り付けられるスマホホルダー、これをモニター上に取り付けられないかどうか。

しかしこれは、平たい面のうえに粘着させて設置する形式なので、狭いモニター上には当然ながら付けられません。

そこでもうひとつ必要なのは、モニター上に台を追加すること。

というわけで、上のリンクと同じ、スクリーンシェルフと呼ばれる台を買いました。型番はCPYZWJ-1。

なお、個数の記載がないので買うまで気づかなかったのですが、10×12.5cm型の場合は、2つ付いてくるので注意。

商品写真を見た限り、面がイボイボだったので、スマホホルダーを粘着させられるか心配だったのですが、イボイボ面は取り外し可能でした。

しかし今度は、面に穴が空いていることに気づく。

ただ、今回はクルマで使うわけではないので、地震が起きない限り激しく揺れ動くはほぼなく、全面粘着させられなくても、充分な保持力を発揮してくれました。

これでようやく、モニター上にスマホを設置完了し、Webカメラが邪魔にならず使い放題です。

無線なので電池切れの心配はありますが、いざとなれば充電しながらできますからね。