ASRockのマザーボード B450M-HDV R4.0 にて、 BIOS アップデートができないときの対処法。

ASRockのマザーボード B450M-HDV R4.0 にて、 BIOS アップデートができないときの対処法。

スポンサーリンク

発生した現象について。

CPU を Ryzen 3500 から Ryzen 5600 もしくは 5700 に買い替えを予定しているのですが、現在使用しているマザーボード B450M-HDV R4.0 のバージョンが 3.70 であったため、このままでは5000番台のCPUを使用することができません。

こちらはアップデート後の画面であるため、問題発生時とは異なります。

ASRock > B450M-HDV R4.0

AMD AM4 ソケット Ryzen™ 2000, 3000, 4000 G-S…
www.asrock.com

よって、BIOSアップデートを行おうと思ったのですが、BIOSのインストーラーをUSBメモリに入れてBIOS設定画面に入ったにも関わらず、アップデートを行うための Instant Flash がグレーになっており、選択することができませんでした。

試したけどダメだったこと。

  • USBメモリを差し込む場所を変えてもダメ。
  • USB3.0じゃなくて2.0に挿してもダメ。
  • 違うUSBメモリに取り替えてみてもダメ。
  • 最新のBIOSインストーラーだけでなく、古いバージョンも入れてみたけどダメ。
  • もちろん、インストーラーをzipのまま解凍せず入れたりなんてしていない。

解決方法。

普段はPC起動中にF2キーでBIOS設定画面を起動しますが、F2ではなくF6キーを押すことで、Instant Flash の画面が起動し、USBメモリの中にあるアップデートしたいバージョンを選択することができました。

単純に、上記のサイトの手順2に載っていたことではあるのですが、見出しがなぜか小さいために、見落としがちかもしれません。

なお、アップデート完了後のOKボタンを押すとPCが再起動するのですが、電源をシャットダウンしたときのようにブツンッと鳴ります。

まさか壊れた?って不安になりますが、しばらく待っていたら勝手に再起動するので、慌てないように。

余談。

ドスパラで購入したPCであったため、もともと起動中は ASRock のマザーボードが搭載されているにも関わらず、ドスパラのPCのブランドである Galleria のロゴが表示されていたのですが、BIOSのバージョンを3.70から4.80に上げてからは、自作PCと同様に ASRock のロゴが表示されるようになりました。

さらば Galleria …。